〜バイナリーオプションお得情報を受け取るならこちら〜

【Windows版】MT4にカスタムインジケーターやシグナルツールを導入する方法

BO・FX
この記事は約5分で読めます。

MT4にデフォルトで入っているインジケーター以外に、
ネット上でダウンロードしたカスタムインジケーターや、
シグナルツール(サインツール)などをMT4に導入したいんだけど、
やり方がイマイチ分からない…

今回はWindowsのPCに 外部からのカスタムインジケーターシグナルツールなどを、
MT4に導入する方法を分かりやすく説明していこうと思います。

この記事を読むと
  • MT4に外部からのカスタムインジケーターやシグナルツールなどの導入方法が分かる
  • 上手く導入できない時の対処方法が分かる

MT4を使い始めの方は必見です!
では早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

カスタムインジケーターやシグナルツールとは?

  • Moving Average
  • Ichimoku Kinko Hyo
  • Bolinger Bands
  • RSI
  • Stochastics Oscillator

MT4には上記のようなデフォルトで入っているインジケーターがあります。
しかし、ネット上には誰かがプログラミングによって作成した、
様々な便利インジケーターが存在します。

例えば上記で紹介している3日前までの高値安値を自動で引いてくれるインジケーターです。
こちらは元々MT4に入っているインジケーターではないので、
外部から導入する必要があります。

シグナルツールやサインツールなども同じで、
元々MT4には入っていないので、ネットなどでダウンロードした後に、
自分で導入していかなければなりません。

このようなカスタムインジケーターや、シグナルツール、サインツールなどは、
MQL言語というメタトレーダー用のプログラミング言語を学べば、
誰でも作成することができるので、自分用にオリジナルのMT4画面を作ることも可能です。

実際にMT4にインジケーターを導入してみよう

今回は上記の記事で紹介しているインジケーターをMT4をダウンロードしていきましょう。

まずはページへ飛んで、インジケーターをダウンロードします。
デスクトップなど分かりやすい場所に保存しておくと良いです。
※インジケーターやシグナルツールをお持ちの方はそちらを使ってOKです。

必ずex4ファイルになっているのを確認しましょう。
zipファイルだとMT4に対応していないので、解凍してex4ファイルにしておく必要があります。

メニューバーの「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

データフォルダの中の「MQL4」をクリックします。

次に「Indicators」をクリックします。

するとこのような画面になるので、こちらに最初に用意したインジケーターを入れていきます。
デスクトップに保存しているインジケーターをドラック&ドロップで入れることができます。
またはファイルをコピーして入れることもできます。

EX4ファイルの他にMQL4 Source Fireというファイルというものもありますが、
こちらも同じ入れ方で問題ないです。

フォルダ内に先程入れたインジケーターがしっかり入っていれば閉じてOKです。

MT4に導入したインジケーターやシグナルツールをチャートに入れてみよう

「表示」と「挿入」の下らへんにあるファイルに星のマークの「ナビゲーター」をクリックすると、
このようにインジケーターがずらーっと表示されています。
しかし、インジケーターやシグナルツールを導入した直後だと、反映されていないので、
右クリックを押して「更新」をクリックしてみましょう。

更新すると、先程入れたインジケーターが入っています。

インジケーターが反映されない時は、右クリックを押して「更新」をクリックするか、
MT4を一度閉じて、再度開くと反映されます。

そしたら、チャート上に入れたいインジケーターをクリックし、
ドラック&ドロップでインジケーターやシグナルツールを表示したいチャートに入れていきます。

真ん中にインジケーターの「パラメーターの入力」や「色の設定」など詳細が出てくるので、
こちらを変更したい場合は設定を変更して、「OK」をクリックします。

このように、MT4に元々入っていないインジケーターをチャートに表示することができました。
シグナルツールでも同じ様にやればできるので、是非やってみてください。

最後に:MT4にインジケーターを入れる際の注意点

最後にMT4にカスタムインジケーターやシグナルツールをダウンロードする際の注意点を下記でまとめておきます。

  1. カスタムインジケーターやシグナルツールを導入してMT4が機能しなくなる場合もあるので、導入する際は自己責任でやりましょう。
  2. zipファイルは入れることができません。
    必ず導入する前に解凍作業を行ってから入れましょう。
  3. EX4ファイルだけではなく、MQL4 Source Fireというファイルも入れることが可能なので、EX4ファイルじゃないから入れられない!ということではないです。
  4. インジケーターをフォルダに入れたのに、ナビゲーターに表示されない場合は右クリックで「更新」をクリックしましょう。
  5. 「更新」をクリックしても表示されない場合は、一度MT4を閉じて、再度立ち上げ直しましょう。

カスタムインジケーターやシグナルツールなど入れることによって、
自分自身のオリジナルのチャートを作ることができ、普段の取引をする際、
テクニカル分析をやっていく上でも、非常に役立つインジケーターを入れることができます。

ご自身にあったチャートを作って、取引を有効的に進めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました