〜バイナリーオプションお得情報を受け取るならこちら〜

【ぶっちゃけトレードするならどのモニターが良いの?】失敗しないモニターの選び方と注意点

BO・FX
この記事は約7分で読めます。

皆さん、こんにちはコウ(@trade_kou56)です。

日々のトレードをもっと効率良くする為には必ず欠かせないモニターですが、
「ぶっちゃけどのモニターが一番いいの?」と思う方が多数いるかと思います。

  • どこのメーカーがぶっちゃけ良い?
  • モニターの適度なサイズは?
  • モニターの応答速度は?
  • モニターを選ぶ際の注意点ってあるの?

上記のような疑問を解決していこうと思います。

ちなみに僕が使っているモニターはこちらです。
デスクトップパソコンを使用しているのですが、
VZ249HR-J(23.8型ワイド液晶モニター・ディスプレイ)を2枚、
VE248HR(24型ワイドゲーミング搭載液晶モニター・ディスプレイ)を1枚の計3枚でトレードしてる感じです。

モニターって2万円以上するものと思ってたんですけど、
1万5千円前後で普通に手に入れることができます。

ちなみにデスクトップパソコンをお持ちでない方であっても、
ノートパソコンにHDMIさえついていれば、マルチモニターにすることが可能です!

スポンサーリンク

色々なメーカーがモニターを販売してるけどぶっちゃけどのメーカーがいい?

モニターを買ってトレードを効率良くしたいなぁと思っているんだけど、
色んなメーカーがあってどれを選べばいいか分からない…

  • Acer
  • Dell
  • ASUS
  • I-O DATA
  • SHARP
  • LG
  • BenQ

上記のように僕がパッと思いつくだけでこれだけのメーカーさんがモニターを販売しています。
恐らく調べたらもっと色々なメーカーさんが出てくるかと思います。

これだけ多くのメーカーさんが販売していて、更にメーカーを絞ったとしても
また更にそのメーカーの中で色々な商品が販売されているので、
初見で購入する方はきっと迷うかと思います。

結論から言うと、どこのモニターでも構わないというのが僕の意見です。
このメーカーのモニターが絶対に良い!とか他の方の意見もあると思いますが、
正直、トレードしたりYouTube見たり映画鑑賞したりするならどこのモニターを使っても問題ないです。

コウさんがASUSのモニターを選んだ理由は?

コウ
コウ

「安かったから。」これに尽きます(笑)

ASUSのモニターであれば安いので大体1万円~くらいであります。
1万5千円出せば割としっかりした物が届くのでオススメです。

モニターの適度なサイズは?

よし、ASUSのモニターにしようと思うんだけど、
モニターのサイズが色々ありすぎてどれがいいか迷う…
どのくらいのサイズが一番見やすいんだろう…

初見でモニターを購入するとなると、やはりモニターのサイズで迷ってしまいます。

モニターのサイズで失敗したくないですよね。
大きすぎても邪魔だし、小さすぎても見にくいだけだし…

実際に僕が冒頭の方で紹介したASUSの2つのモニターは、
23.8インチと24インチですが、大きすぎず小さすぎずで丁度いいくらいです。

21インチなどもありますが、家電量販店などで見た感じだと、少し小さく感じました。
一番ベストは23.8インチ~24インチくらいが丁度いいんじゃないでしょうか。

他のメーカーさんで24インチくらいのモニターを買うとなると、
2万円弱くらいまで値段が上がるので、
なんのこだわりも無く映れば問題なしという方はASUSが本当にオススメです。

スポンサーリンク

モニターの応答速度って何?気にしなくてOK?

色々なモニターを見ていたら「1ms」や「5ms」などの数字にアルファベットが出現してきます。
これは何を意味しているのかと言いますと、「応答速度」になります。

EIZO!さんのサイトにとても分かりやすい説明が載っていたので引用させて頂きました。

液晶ディスプレイの応答速度とは、画面の色が「黒→白→黒」と変化するときに要する時間だ。 単位には「ms」(ミリ秒、1msは1秒の1000分の1秒)が使われる。応答速度が「12ms」の液晶ディスプレイは、画面の色が「黒→白→黒」と変化するときに12msの時間がかかるということだ。

第3回 スペック表記に潜む落とし穴──応答速度の虚像と実像 より引用

応答速度に時間はかからない方が良いということが分かりましたね。
つまり「1ms」のモニターを選ぶべきだ!と思われる方もいると思いますが、
この項目も、ただ純粋にMT4を見てハイローオーストラリアを開いてトレードするだけの方なら全然気にしなくてもいいレベルです。

動きが激しい格闘ゲームやFPS等も一緒にやる予定がある方は「1ms」がオススメなのですが、
MT4やハイローオーストラリアを見ていてもFPSや格闘ゲームみたいに激しく動くことはないので、
全然気にしなくてOKっていう感じです。

モニターを購入する際の注意点

ある程度、どんなモニターを購入すればいいのか分かってきましたね。
しかし、ただ単にモニターを購入しても接続できなかったりしたら困ります。
特にデスクトップパソコンでデュアルモニターにしようとお考えの方は必見ですので、
下記で紹介する注意点に気をつけながら慎重に見ていきましょう。

  1. 接続端子に間違いがないかを確認
    今どきのモニターはほぼHDMIが搭載されていますが、中には搭載されていないモニターが存在するかもしれません。
    購入する前は一度、どの接続端子に対応しているかを確認して購入しましょう。
  2. 3画面以上購入する前に一度確認
    モニターを沢山買ってPCに接続しようとしても接続端子が無ければ画面を接続することができません。
    お使いのPCはグラフィックボードがきちんと搭載されているかなど確認しましょう。
    また3画面以上購入する場合はグラフィックボード次第ではありますが、
    HDMI以外にもVGAやDisplayPortなど様々な規格が存在します。
    規格に合ったモニター選びが大切です。
  3. モニターはできるだけ同じメーカーの同じ商品で揃えた方がOK
    3枚以上のモニターを設置する際に、バラバラのメーカーや商品であれば同じインチ数でも多少ズレが生じます。
    全然気にしないという方は良いんですが、高さなど揃ってないと気になるという方は同じメーカーの同じ商品を購入しましょう。
  4. モニターを置く配置はしっかり考えてから購入しましょう。
    ノートパソコンにモニター繋いでやる方は問題ないと思いますが、
    デスクトップPCで3枚以上のモニターを設置する方は、
    アームが必要になる場合があるので、しっかり配置を考えてから購入しましょう。
    またVESA規格といったモニターを選んでいきましょう。
  5. PCとモニターを繋ぐコードも忘れずに!
    基本モニターを購入すると一緒についてきますが、中古品の購入などでしたら
    一緒についてこない場合があるので注意です。
  6. 動きの激しい格闘ゲームやFPSなどをやる予定の方は1msのモニターを選ぼう!
    やはり格闘ゲームやFPSになると応答速度が遅くて画面に残像が残ったりして見にくいなんてこともあるので1msのモニターを選ぶべきです。
    しかし、そんな予定はなくただトレードがしたいだけなんだという方は気にしなくてOKです。

上記の注意点を抑えておけば、失敗しないモニターを選ぶことができます。
モニターは作業効率を上げるうえにトレードの勝率も多少上げることができるので是非とも手に入れて
効率化を図りたいですね。

まとめ:トレードするだけなら何でも良し

結局、色んなモニターを使って色んな人の意見を聞いて口を合わせて言うのが
「トレードするなら映ればなんでもいい」という結果に至ります。

映ればなんでもいいということなら安くてしっかりしてるASUSでいっかということで、
僕はASUSのモニターを愛用しております。

またデスクトップパソコンをお持ちの方でモニターを3枚以上にする方などはモニターアームも忘れずに!
僕が使用しているモニターアームはこちらですので合わせて参考にどうぞ

ちなみに僕もノートパソコン1台でやっていた時期がありまして、
モニターを増設しようと思った際にめちゃくちゃ困ったので記事にしてみました。

参考になれば幸いです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

  • 今回紹介した商品はこちら

タイトルとURLをコピーしました