〜バイナリーオプションお得情報を受け取るならこちら〜

為替用語集

このページでは為替取引をやるに当たって必ず覚えておきたい為替取引の用語をまとめているページになります。

初心者の方やこれから為替取引を初めていこうという方は最初に用語を覚えるということをマスターすると、今後為替の勉強をするに当たって、効率良く学ぶことができるのでオススメです。

その中でもこちらは絶対に覚えておきたい為替用語になりますので、是非目を通してみてください。

あいうえお順カテゴリから検索することができます。
※随時追加していきます。

スポンサーリンク

為替用語集

あ行

・相対取引取引所を通さず直接売り方と買い方が当事者間で取引を行う事。
・RSI(あーるえすあい)オシレーター系のインジケーターで買われすぎ売られすぎ水準を判断できるインジケーター。
・インジケーターFXやバイナリーオプションなどのテクニカル分析に使うテクニカル指標のこと。
・陰線株価や為替レートの値動きが、始値に比べて終値が低かった場合に表示されるローソク足のこと。
・売りポジション金融取引において、売り持ちのポジションのこと。例えばドル円を売りポジションで持った場合、ポジションを持った時から価格値が下がれば利益を出すことが出来ます。
・エントリートレードを開始すること。ポジションを持ち始めること。
・エントリーポイントポジションを持ち始めたポイント。
・終値そのローソク足の取引終了時点の価格のこと。

か行

・買いポジション金融取引において、買い持ちのポジションのこと。例えばドル円を売りポジションで持った場合、ポジションを持った時から価格値が下がれば利益を出すことが出来ます。
・為替現金を直接使わずに支払うこと。江戸時代から為替という言葉は広まった。
・外国為替国際間取引で生じる貸借を為替で決済すること。
・逆張り相場の上昇局面で売り、下落局面で買うという投資手法。
・経済指標各国の公的機関が発表する、経済状況を構成する要因を数値化し、経済の状況や過去からの変化を正確に把握できるもの。

さ行

・酒田五法江戸時代の相場師「本間宗久」によって考察されたローソク足の並びを基本としたテクニカル分析の一つ。
指値売買を委託する時に値段を指定すること。その値段。
・サポートライン日本語で下値支持線といい、相場がその水準を維持し、それ以上は下落しないのではと思われる水準ラインのこと。
・三角保ち合いローソク足の上昇・下落の値幅が徐々に狭まっていき、チャートの形が三角形のようになる状態のこと。
・CCI(しーしーあい)オシレーター系の指標の一つ。商品チャンネル指数(Commodity Channel Index)の頭文字を並べたもの。
・順張り市場のトレンドと同じ方向に「買い」や「売り」のポジションを持つ投資手法のこと。
・相場
商品が取引されるその時その時の価格。

た行

・大陰線過去のローソク足よりも比較的に大きい陰線のこと。
・高値そのローソク足の一番高い値段のこと。
・大陽線過去のローソク足よりも比較的に大きい陽線のこと。
・チャート図や表、グラフのこと。過去の為替レートを、価格や時間を軸としてグラフに書き表したもの。
・通貨ペア売買する2国の通貨の組み合わせのこと。
USD/JPYなど
・転売バイナリーオプションでポジションを持った際、途中で決済すること。
・トレンド買いや売りが一方的なこと。
・取引口座バイナリーオプションやFXなどで取引するための専用口座。
・テクニカル分析将来の価格値やローソク足の動きを、過去に発生した取引実績の時系列パターンから予測、分析しようとすること。

な行

・仲値銀行が客の外国為替に適用する基準レート。

は行

・ハイローオーストラリアバイナリーオプションにおける海外取引口座
・バイナリーオプション為替金融商品の一種。値段が上昇するか下落するかを予測し、判定時刻までに予測した方のレート値になれば利益が出る。
・始値ローソク足が出来る際の始まりの値段。
・判定時刻取引の結果判定が行われる時間。
・判定レート判定時刻の時の為替レート。
・バンドウォークボリンジャーバンドにおいて、バンドに沿ってローソク足が並ぶこと。
・ファンダメンタルズ分析経済指標などの相場に影響を与えるニュースから相場の先行きを予測し分析する方法。
・平均移動線相場の流れを掴むための1つの指標のこと。
・ペイアウト率エントリーした際の金額の払い戻し率のこと。
・ボリンジャーバンド平均移動線とその上下に値動きの幅を示す線(2σ、3σなど)を加えた指標のこと。

ま行

や行

・安値そのローソク足の一番高い値段のこと。
・陽線株価や為替レートの値動きが、始値に比べて終値が高かった場合に表示されるローソク足のこと。

ら行

・レジスタンスラインこれ以上相場が上昇しないという認識をもちやすい価格帯のこと。抵抗線とも呼ぶ。
・レート率。歩合のこと。
・レンジ相場上で売りと買いが均衡状態となり、一定の値幅にて上下を繰り返している相場の事を指す。
・レンジブレイク売りと買いの均衡している状態から、買い優勢の相場や売り優勢の相場になること。
・ローソク足始値、終値、安値、高値を使用しローソクの形に表したチャートのこと。

わ行

タイトルとURLをコピーしました