〜バイナリーオプションお得情報を受け取るならこちら〜

【2020年最新版】デモ口座と本口座の違いを見極める方法を徹底解説【ハイローオーストラリア】

BO・FX
この記事は約7分で読めます。

皆さんこんにちは、コウです。

このバイナリーオプションの世界のSNSなどにはよくお金稼いでますアピールをしている人をよく見かけますよね。

でもなんだか胡散臭くて、
「どうせ詐欺だ!」とか「拾い画で稼いでるアピールして騙そうとしてるだけだ!」とか思っている方も多いかと思います。

しかし、中には本当に稼いでいる方もいるのがこのバイナリーオプションの世界なんです。

でも初心者からしたら、
「この人は稼いでるように見せかけてるだけの詐欺師で、この人は本当に稼いでいる本物の人だ!」
なんて見極めるのは相当至難の技かと思います。

しかし今回はしっかり本物と偽物を見極めるためにどうすれば良いのかというものを紹介していこうと思います。

本物と偽物を見極めるには?

実際に僕自身も初めてこのバイナリーオプションという為替の世界に参入して、
右も左もわからない状態で、InstagramやTwitterなどのSNSを頼りに、
本当に稼いでいる人から直接教えていただいた方が早いんじゃないかということを思い、
バイナリーオプションで稼いでるなと感じた人にDMを送ってコンサル代30万円
支払って教えてもらったことがあります。

しかし、後々分かったお話なのですが、その人は実際にはトレードでは全く稼いでいなく、
僕みたいな右も左も分からないような初心者をターゲットとして詐欺をやって稼いだのです。

ID等は伏せておきます

こんな感じの奴です。

実際に騙されたのはこの人ではないですが、こんな感じの奴がSNSにはごろごろいます。
お!取引の画面を載せている投稿があるのでそちらを見てみましょう。

ん?とお気づきになられた方もいらっしゃるかと思いますが、これ全部「デモ口座」なんですよね。

いやいや、待てい!デモ口座なんですよね。って初心者からしたら分からんわい!

デモ口座と本口座での取引画面が違うっていうの?

コウ
コウ

はい、本口座とデモ口座では取引画面が若干違ってきます。
そしてこれが分かっていれば、投稿の取引の画面を見て大体、この人は怪しいとか、この人はちゃんとしてるとか分かりますよ。

本物か偽物を見極めるには、SNSの投稿の部分で大体分かるってことね!

それなら早速教えてくれ!!

デモ口座と本口座の違い

まずは2枚の写真から見比べてみましょう。

↑本口座
↑デモ口座

上が本口座で、下がデモ口座になります。

全体で引いてみたら結構違いがあるのが分かりますね。

皆さんもご一緒に何個違いがあるか見つけてみましょう!

遠目で撮影するとデモ口座で取引しているのがばれてしまうためなのか、

近くでしか撮影されてない投稿などはとても怪しいものになりますね。

URLが違う

本口座は

https://trade.highlow.com/

URLに対してデモ口座になると

https://jp.demotrade.highlow.net/

と、このように「jp.demo」というURLがついてきます。

これは、デモ口座のサイトですよというのを表しています。

ロゴとメニューが違う

本口座のロゴ↑

デモ口座のロゴ↑

本口座の方はカッコよく「HighLow.com」というロゴなんですが 、

デモ口座の方のロゴは「HighLow DEMO」というロゴ表記になっております。

本口座のロゴはなんかかっこいいですよねw

続いてメニューにも違いがあります。

本口座のメニュー
デモ口座のメニュー

上が本口座のメニューなんですが左から

ホーム 取引概要 サービス案内 初めての方 よくあるご質問というのに対し、

デモ口座はそれプラス「新規口座開設」というページがあります。

まぁ、デモ口座で取引してるということは、まだ本口座を開設していないという可能性もありますから

HighLow社からしたら新規口座開設というページを入れておいた方がいいに決まってますよね。

取引履歴のページ

本口座
デモ口座

上が本口座の写真で、下がデモ口座の写真になります。

本口座には取引履歴という欄があるのに対し、デモ口座にはその取引履歴という欄がありません。

ここの欄が一番取引の画面と近い場所で隠そうにも隠せなかったりする場所になります。

取引履歴の欄があれば本口座、なければデモ口座ということです。

この取引履歴という欄は本口座とデモ口座を見極めるための大きなポイントとなりますので、

しっかり見極めていきましょう。

チェック

変にこの取引履歴というページを見せたがらない人がいます。
そういう人は偽物かもしれないので信じない方がいいでしょう。

スポンサーリンク

ペイアウト率の違い

本口座とデモ口座ではペイアウト率も多少変わってきます。

HighLow取引や、HighLowスプレッド取引ではペイアウト率の違いはないのですが、

Turbo取引とTurboスプレッド取引ではペイアウト率が変わってくるので

ここも要注意で見ていきましょう。

「1分で40万円稼いだ~バイナリー余裕~!^^」

って言ってる奴らのペイアウト率など見てみてくださいw

ペイアウト率の違いから、こいつデモ口座やん!ってなって面白いですw

本口座とデモ口座のペイアウト率の違い▼

本口座ペイアウト率デモ口座ペイアウト率
Turbo30秒2.00倍1.95倍
Turbo1分1.95倍1.90倍
Turbo3分1.90倍1.86倍
Turbo5分1.85倍1.85倍
Turboスプ30秒2.20倍2.00倍
Turboスプ1分2.10倍2.00倍
Turboスプ3分2.05倍2.00倍
Turboスプ5分2.00倍2.00倍

ニュース配信サービスについて

ハイローオーストラリアの下部にある、右から左に流れているニュース配信がありますよね。

これはデモ口座だと初期から流れており、消すことができません。(マイページに入れないため)

しかし、本口座は初期からはついておらず、自分で設定することによって初めてニュース配信サービスを受けることができます。

本口座でのニュース配信の出し方はマイページに入ってもらい、設定にいき

ニュース配信サービスは現在、非表示のチェックを入れてもらったら、本口座にもニュース配信が下部に流れます。

ここでも本口座とデモ口座を見極める方法がございます。

これはデモ口座の画面右下部分なんですが、

本口座を見てみると・・・

このように右下に矢印が4方向に飛び出ていきそうなアイコンがあります。

このアイコンがあると本口座だと分かりますね。

また、このアイコンをクリックすると、

別ウィンドウでニュース全文を見ることができ、このアイコンで下部に流れているニュース配信を非表示にすることもできます。

デモ口座はスプレッドが出ない

スプレッドといって、自分がエントリーしていく際大きな金額をエントリーしていくと、

ハイロー側がレート差を生じさせて取引する側のエントリーするレートを不利にさせる行為がありますが、

デモ口座だとそんなの関係なしにエントリーすることができます。

本来なら50万~100万円とかエントリーしていくとMAXスプレッドが出ると思うのですが、

デモ口座だと自分がエントリーする際に多額のエントリーをしたとしても、

絶対にスプレッドが出ないというのがデモ口座になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これを知っておくのと知らないのとでは、変な詐欺師に騙されなくて済む場合もあるので

しっかり、この記事を読んで本口座とデモ口座の違いを抑えておけば

本物か偽物かを見極めることができそうですね。

こういう基本的な部分から情報を学んでいくことが投資で勝つための大事なことかもしれませんね。

口座開設がまだの方はこちらの記事を参考に▼

合わせて読みたい記事はこちら▼

タイトルとURLをコピーしました