〜バイナリーオプションお得情報を受け取るならこちら〜

バイナリーオプションを素早く攻略する為のオススメの本5選

BO・FX
この記事は約6分で読めます。

バイナリーオプションでオススメの本が知りたいけど、
どの本がいいのか分からない…
もし本を買って、勉強にならなかったら意味ないし…
そもそも本を読むことって効率良いのかな…?

今回はこういった不安を持った読者さんに対して
オススメの本を紹介しながらこういった悩みを解決していこうと思います。

この記事を読むと

  • バイナリーオプションを学ぶ為のオススメの本が分かる
  • バイナリーオプションを学ぶ為には、バイナリーオプションの本だけが全てではないということが分かる。
  • 僕の経験から実際に本を読んでスキルアップするのかが分かる

スポンサーリンク

バイナリーオプションを攻略する為のオススメの本5選

バイナリーオプション超入門「上か」「下か」を選んで待つだけのシンプル投資術

投資初心者の方やこれから投資を初めていく方には、とてもオススメな本で、
図解などで詳しく分かりやすく理解しやすいと高い評価を集めているので、
バイナリーオプションの基礎や根本的なところを一から学ぶのであれば、
この本1冊だけでも十分かなと思います。

この本をきっかけにバイナリーオプションを始めてみたという方も少なくはないです。

しかし、投資中級者〜上級者の方々にはあまりオススメできなく、
その理由が本の名前の通り「超入門」なので、中級者〜上級者の方が購入してしまうと、

こんなの全部知ってるよ!もっと深いところまで勉強したいんだよ!

なんてことになっちゃうので、気を付けておきたいところです。
ガチの初心者やこれから投資初めていく方には申し分ない本なのでオススメです。

〈相場に勝つ〉ローソク足チャートの読み方

バイナリーオプションに限らず言えることが、
「為替の世界で食っていく為にはローソク足を覚えろ」というのが僕の意見です。

ローソク足からチャートは成り立っているので当たり前のことですが、
いきなりの初心者にローソク足を学べと言っても、難しいと思います。

こちらの本ではローソク足の基礎から役立つ情報まで詰まっている1冊です。

ローソク足の形について、何故このような動きになったのかという相場心理も踏まえて解説してあるので、この本をマスターすることによって、ローソク足を見ただけで、
ある程度、心理状態が分かるようになります。

初めてでも読み解ける!「経済指標」の見方&読み方決定版

やはり、相場を制していくにはテクニカル分析だけではなく、
ファンダメンタルズ分析もしっかりやっていかなければ、
勝ちトレーダーになれないでしょう。

消費、物価、貿易、金融など様々な経済指標がありますが、

「この経済指標はどんな意味があるのか」
「こういう系の経済指標は世界、または国にどのような影響を与えるのか」

など投資家を名乗るくらいなら知っておくべきことです。

経済指標の基礎や、実用的な考察も混ぜて解説しているので初心者の方から上級者の方までオススメできる本となっております。
この本以外にも多数経済指標についての本はありますが、
読みやすさ、見やすさ、理解しやすさ、図解の質の高さなどいずれも高評価と言える1冊です。

スポンサーリンク

FXで勝つための資金管理の技術 勝てない原因はトレード手法ではなかった

日々トレードをしていると、トレードの経験値も次第に上がってきて、
色々トレードに関して気付いてくることもあります。

手法より大事なものあるんじゃないかな…
実際勝てる手法を100人使ったとして、100人全員が同じ結果を出せるとは限らないよな…

まさにその通りで、手法も大事だけど、それと同じくらい大事なものがあります。
それが「資金管理」です。

バイナリーオプションだけに限らず、FXなどの投資の世界では、
ロジックと呼ばれる手法と、メンタルと言われる資金管理の2つが主に大事になってきます。

その資金管理術について詳しく書いてある本で、
割とレベルが高い本で理にかなっていると思います。

これから投資をがっつり始めていきたいという方で、
大きな損失を出したくないという方は一度読んでみると、資金管理についての考え方がよく分かる1冊です。

FXメタトレーダー実践プログラミング 高機能システムトレードソフト超活用術

確かな手法を手にするなら、バックテストという過去相場から遡って
その手法は過去○年間で○%の勝率があるという目に見えた数字が分かれば、
その手法が通用するのか、しないのかが分かります。

しかし、その為にはプログラミングができて、MQLというメタトレーダー専用のプログラミング言語が書けて、やっとバックテストを取ることができます。

投資初心者やこれから投資を始めていく方で、失敗したくないという方は、
先にプログラミングの勉強をして、バックテストが取れるようになってから、トレードを開始していけば
堅実に資産を増やしていけるでしょう。

メタトレーダー専用のプログラミング言語MQLを学ぶなら、
この本で十分と言えるでしょう。

実際に本を読むことはスキルアップに繋がるの?

本を選ぶとと言っても、1冊1,500円から高いもので3,000円とかを超えてくるようなものです。
地味に痛い値段なので、購入して失敗したくないですよね。

そもそも本を読むことにメリットはあるのか?
ちゃんとスキルは身に付くのか?
という不安が出てきてもおかしくないです。

結論からいうと、確実にスキルアップに繋がります。

というのも、僕がバイナリーオプションを始めた当初、
バイナリーオプションの本に限らず、様々な為替に関する本を、
隅から隅まで読み上げていき、ありとあらゆるスキルと知識が身に付きました。

それこそ、バイナリーオプションの基礎から、
ローソク足のことについてだったり、インジケーターのことや
経済指標の事
など様々な為替の分野で学ぶことができます。

更に、本だと捨てたり売ったりしない限り一生手元に残るので、
大事なページや実践で活かせそうなページに関しては付箋紙などを貼って
分かりやすいように工夫するなど、色々な利点があります。

探したい情報を、本にとって見ればすぐに探し出せるといったこともできるので、
本を読むことはオススメだと思います。

まとめ

投資初心者や、これから投資を始めようと思っている方など、
勉強する際に、本で勉強しよう!なんて思う方もいるかと思います。

その際に、参考にしていただければと思います。

また本を読むことによって必ず知識は付き、
確実にスキルアップに繋がるので、素早くバイナリーオプションを攻略できるきっかけとなるかもしれません。

以上になりますが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました